ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリスタルライン

コンシュタット高地から戻ったオレは、それぞれの仕事の報告に向かった。
まずは、自称冒険者、のミスラの家にでも行こうか。

やあお嬢ちゃん、母ちゃんに頼まれてた物を届けにきたぜ。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

涸れ谷の怪物

ダングルフの涸れ谷に来るのも久しぶりだな、前に来た時もミッションだったか。
しかし今までのミッションは何らかの意図がみえたが、今回のは…何のためだろう?

続きを読む

PageTop

バストゥークを離れて

鉱山区から外へ出ようとすると、ガードに声をかけられた。
大統領府から呼び出されているらしい。
なにやら特別なミッションの様だが・・・

続きを読む

PageTop

ある老人の回想

『セルビナ』
バストゥーク共和国の貿易港として発展したが、現在は自治都市として独立を果たしている。

サンドリアへ向かう際の補給場所として立ち寄ったんだが、興味深い話を聞いた。
ある老人が、生き残るための技術を教えてくれるという。
自分がまだまだ未熟なのはわかっていたが、港町の老人にそれを見抜かれるとは。

只者とは思えない、オレはじいさんの指定するアイテムを集める事にした。

続きを読む

PageTop

騎士の国

『サンドリア王国』
封建制で、ドラギーユ家の当主が代々国王を務め、国全体を治めている。
王国の首都サンドリアは、二つの騎士団に支えられた堅固な城塞都市だ。

広大なロンフォールの森を抜け、やっとオレはサンドリアにたどり着いた。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。