ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

選ばれし死

ジラート人の成れの果てである、思念体の協力を得て、王宮内を進む。
やがて、オレ達は、最深部であろうと思われる、扉の前に辿り着いた。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

天使たちの抗い

『神の扉』
古の神々が眠りについたという伝説の楽園へ至るための扉とされている。
神都アル・タユにあるル・メトの園の入り口の扉には、その名が与えられている。
古代人は、ル・メトの園を造園し、未だ見ぬ楽園に思いを馳せたのだろう。

彼らが楽園に見立てた地で、今、神の器が蘇ろうとしていた…。

続きを読む

PageTop

真実の目覚めは、男神プロマシアの目覚めでもあった。
世界と人に、黄昏の時が訪れる。

続きを読む

PageTop

呪縛ほどけるとき

黄昏の男神の姿は、光となって崩れ落ちた。
真龍は去り、平穏を取り戻したヴァナ・ディール。
戦いを終え、新たな使命を携えた者達は、それぞれの途に着く。

続きを読む

PageTop

傷ついたもの

傷ついた青年は、過去の想いをまだ捨てきれずにいた。
女々しいと思うかい?ま、男なんて大抵そんなモンだ。
決して忘れるワケじゃない。その想いを胸に抱いて、歩き続けるのさ。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。