ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヤグードの紋章

3つめの紋章を求めて、オズトロヤ城へ侵入した。
以前来た時の記憶を頼りに、落とし穴のワナを抜け進む。
ここから先はどんな仕掛けがあるのか…楽しませてもらおうじゃないか。

Are101105165317a.jpg
壁に偽装された扉の奥に妙なレバーが…押しても引いても動かねぇし、何だこりゃ?

Are101105165028a.jpg
また妙な装置…というか像?文字が書いてあるな、何かの合言葉だろうか?

Are101105165628a.jpg
扉の右手側に、さっき見かけた装置が…今度はレバーを動かせるようだ。
隠し部屋のレバーと同じ位置にレバーを動かしてみると、扉が開いた。
なるほど、こういう仕掛けか…鳥頭だから忘れた奴は隠し部屋に見に行くのかね。

Are101105170221a.jpg
最上階と思われる場所には、レバーの無い扉があった。
同じフロアにある松明に灯を点ければ扉は開くようだ…が。
点火後に気配を消し、扉へ向かうと目の前で閉まってしまう。
数秒しか開かないとなると…点火後、全力疾走するしかないな。

Are101105170313a.jpg
全力で扉の奥へ走る、背後で扉が閉まる音が聞こえたが、何体かヤグードも入ってきた!
まともに戦うのはキツイが、シーフには敵に感知された後でも完全に気配を断つ術がある!

Are101105170436a.jpg
なんとかヤグードの集団をやり過ごしあらためて部屋を見る。
ここだけ床が他と違うのと…後は文字が書いてあったのと同じ…いやこの像は少し違うか?
像を調べてみるとどうやら暗号を3つ入力するらしい、1つはわかるが、あと2つは…?
結局もう一度城内を廻り、変な像を2つ発見した。3つの言葉を入力する。
と、いきなり足元の床が開き、なす術もなく落ちてゆく!
暗号が間違っていた!?と思ったが、奥に祭壇らしき場所がある。ここが最深部か。

Are101105171728a.jpg
周囲には多くのヤグードがいたが、やはり気配を消し、あっさりと紋章を手に入れる。
これで限界を越えられるとは、拍子抜けだな…それともオレがシーフだから楽勝だった?

しかしこの光景、魔晶石を取りに来た時に見た映像と似ている。
アジドマルジドってのは、一人でここのヤグード達と戦ってたのか?すげぇな…。

まぁ考えていても仕方ない、今オレがやるべき事はジジイへの報告だな、戻ろう!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんな奥に引き篭ってるから鈍っちまうんだぜ?
鳥頭で鳥目の奴にオレが捕まるワケがない!
紋章は頂いた。悪いがアンタとのデートはお預けだッ!

Aretino | URL | 2010/11/08 (Mon) 20:52 [編集]


Yagudo Avatar「我が明主、ヅェー・シシュよ!
たとえ肉体は潰えども、我が魂は永遠に御側に…… 」
Yagudo Avatar「霧が濃くて画面がみえnおのれシーフめッ!ギャッギャッギャ」

Ensue | URL | 2010/11/07 (Sun) 20:17 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。