ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夢現

暗い…どこだ…ここは?

ああ…そうか…倒れちまったんだっけ?

誰かが呼んでる…起きなきゃ…オレはまだ…やる事が…。

2010y10m04d_193624687.jpg
う…ん?誰かに呼ばれた気がしたけど…寝ちまってたのか?

2010y10m04d_193921765.jpg
ここは…酒場か?いや…この揺れ、船内みたいだな。
…何でオレは船に乗ってる?…思い出せない…甲板に出て頭を冷やすか…。

2010y10m04d_194020390.jpg
甲板に続く扉を開けると、潮の香りが鼻孔を刺激する。
しかし随分深い霧だな、これじゃ甲板の様子がわからないぜ。

2010y10m04d_194034281.jpg
階段を半ばまで登った時、船が激しい揺れに襲われた。
身構える間もなく甲板に投げ出され、マストに叩きつけられる!

2010y10m04d_194058078.jpg
「ちょっとあなた!大丈夫!?」
あ、ああ、平気だ。…こいつの耳…ミスラか?…いや、ミスラって何だ?彼女の名前?
なぜオレはそんな事を知ってる?…くっ…頭が…ヤバイ…意識…が…。
「頭を打ったの?しっかりしなさい!ここは危険よ!!早く…」

彼女の声が遠くなる…オレの意識は夢と現実の狭間へ落ちていった…。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/01/15 (Sat) 00:13 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。