ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

語り部現る!?

『語り部』
ガルカは転生の際に、現世の記憶をすべて失ってしまう。
しかし各世代に一人だけ、記憶を失わずに転生する者が現れる。
彼らは「語り部」と呼ばれ、ガルカ社会において指導者的な立場を得ることになる。

Are101213041650a.jpg
「鉱山区の鉱石通りの方で、騒ぎがあったようなのだ。調査してもらえないか?」
そりゃいいけど、騒ぎってだけじゃなぁ。情報が少なすぎるぜ。
「怪しい話ではあるが、なんでも、新しい語り部が現れたとか…」
先代の語り部は30年程前にいなくなっている…。
さらに長老格だったウェライは失踪中。騒ぎになるには充分か…。

Are101213041749a.jpg
「おお、ミッションを受けてきたものか。早速だが、実はこんなことがあってな」

鉱石通り入口のガードの話によると、語り部と名乗るガルカがやはり現れたらしい。
二人組で、片方がコロロカの洞門で語り部と出会い、連れてきたと言っている…か。

本物なら喜ぶべき事だが…自分から宣伝する様なトコが、どうにもクサイね。
今は鉱石通り奥の立ち入り禁止区画で休んでおり、一応の混乱を避けているそうだ。
「私自身も困惑している。ツェールン鉱山のガードにも話を聞いてみてくれ」

Are101213042146a.jpg
「語り部を名乗る者の言葉が真実なのかどうか…現在具体策を上に打診中なのだ」
無闇に調査して、本物だった場合失礼にあたるってか? それじゃどうしようもないだろ。

「私が責任を取ろう。アルテパ砂漠で、あの者の言葉が真実かどうか確かめてきてほしい」
背後から声がかかる、他のガードとは違う青い鎧…ミスリル銃士アイアンイーターだ。
「彼は自分がアルテパ砂漠の光る岩の側でアルテパの月石を手にしたと言ったらしい」

果たして語り部は本物なのか、やれやれ、砂漠を歩き回る事になりそうだな。
 
 
 

 


 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。