ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

終わらぬ戦い

『パルブロ鉱山』
グスタベルグの北東にある鉱山、しかし元を糾せばクゥダフの住居だったらしい。
ミスリルが採掘できる事に気付いた人間が獣人の住居を奪い、鉱山に造り変えた。
現在は再びクゥダフに奪い返され、鉱山としては放棄されているそうだ。

Are100621203425a.jpg
今回オレは国からの依頼でここに来ている。
クゥダフをある程度倒し、その証拠を持ち帰れって話だが、気はすすまないな。
戦わずにすむならそれが一番なんだが、割り切るしかないのか・・・

Are100621203833b.jpg
こっちが住居に侵入してるワケだから、襲ってくるのは当然か、
だが1対1なら負ける事はない!亀を倒しながら奥へ進む。

何体目かの亀が、人形のパーツの様な物を落とした。
もちろん亀の人形だから可愛くも何ともないが、倒した証拠にはなるか?
他にも色々な物が手に入るが、とりあえず鞄の許す限り詰め込んでおく事にする。

Are100621204102a.jpg
この機械は亀の物とは思えないな、これが鉱山だった名残ってヤツか。
実際、この奥は今までの洞窟とは違い、明らかに人の手によって開発された跡があった。

Are100621205938a.jpg
さらに奥へ進むと別の冒険者と出会った。目的は違う様だが行動を一時共にする。
奥まで来ると亀も強くなっていたため、白魔道士が一緒だとありがたい。

何だこれは?工具が入っているのか、随分古い物のようだが・・・
宿に泊まってた開拓者の子孫って奴に見せれば何か分かるかもしれないな。

Are100621204144a.jpg
さっきの機械は、ミスリルを精製するための物だと教えてもらった。
試しに砂利を放り込んでレバーを引いてみる、今でも使える様だ。
砂金…いや砂ミスリルとでも言うのか、街に戻ったら金になるか確かめよう。

さて、随分時間を食っちまった。近道があるらしいからそこから帰る事にしよう!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。