ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

買出し部隊

冒険者ってのは、国から最低限の援助はあるものの、安定しない職業だ。
自由と言えば聞こえはいいが、要は何でも屋だな。

子供の使いの様な事でも、我慢してやれば、それが大きな仕事に繋がる…かもしれない。

Are110414040357a.jpg
「お腹空いた…あ、ねぇあなた、あたしの好物の野兎のグリルを買って来てくれない?」
唐突すぎるだろう常識的に考えて。大体座ってるだけで暇そうだし、自分で行けば…
「あと隣の研究室でもお腹空かせてると思うからよろしくね。お代は後で渡すから」
…冒険者とは、使いっぱしりである事と見つけたり…調理ギルドにでも行ってみるか。

Are110414040155a.jpg
「お前はこの間の…何だ?やはり俺の手料理が食べたくなったのか?」
…そうだな、野兎のグリルなんかを作ってくれたら嬉しいかもしれない。
「そうか!ちょっと待ってろ…ほら、できたぞ早速食ってみろ、美味いぞぉ!」
あ!急に用事を思い出したから、後で食べるよ。あ、ありがとな!
個人的に料理をしてもらうなんて暫くなかったのに、あまり嬉しくないのはなぜだろう…。

Are110414040229a.jpg
え~と、これとこれとこれを、持ち帰りで、包んでくれる?
「ありがとうございます!お持ち帰りなら、ご一緒にダルメルパイもいかかですか?」
いらないっす…余計なモノを勧められると、イラっとするのはオレが短気なんだろうか?

Are110414040650a.jpg
「いらっしゃいませ!釣り道具から魚まで何でも揃ってますよ!」
海の幸は新鮮なのが一番なんだけどな。研究室に篭ってないで出てくればいいのに。

Are110414040424a.jpg
買出し行ってきたぜ、オレ様セレクトのスペシャルメニューを見て驚け!
「…むにゃむにゃ、もう食べられない」
寝てんのかよ!オレが食っちまうぞ…。
「は!寝てないよ!瞑想してただけ!ああ買って来てくれたんだね、ご苦労さん」

まぁたまにはこんな風にのんびりやるのもいいだろう。
さて、オレも腹が減った…できたての料理を食べに、レストランでも行くかな。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。