ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

形見の品

サンドリア港を歩いていると、走って来たエルヴァーンの女とぶつかりそうになる。
言葉を交わす間もなく、そのまま走り去ってしまった。よっぽど急いでいたのか…。
 
しかし、向こうは全く避ける様子がなかった。わざとぶつかろうとした…ってのは考えすぎか?

Are110728044743a.jpg
「あ、あれ?ない、ないぞ!?いつも持ってるのに。やられた…さっきの女か!」
飛空艇警備の騎士が妙に慌てている。よぉ、何かあったのか?
「スリに、妻の形見の金縁めがねを取られてしまった様なんだ…参ったよ」
スリ…さっき走って行った女か!?そうと知ってりゃ見逃さなかったのに…。
「スリを見たのかい?なら…できれば取り返してくれないだろうか?私はここを動けない」

Are110728044710a.jpg
探そうにも…もう当然影も形もない。なぁお嬢ちゃん、さっき走ってった女を見たかい?
「あなたとぶつかりそうになった人ね?これを落としていったわよ」
銀製のボタンか…ワシが刻印されている。どこにでもあるモノじゃなさそうだな。
「スリを探すなら持って行くといいわ。役に立つでしょう?」
お、おぅ、ありがとう。やけに大人びた子だなぁ…まぁ助かったからいいけど。

Are110728045527a.jpg
どうやらそれらしい女は、西ロンフォールへ出て行ったらしい。
しかしあのスリ…一瞬見ただけだが、どうもどこかで会った様な覚えがあるな。
そんな事を考えていると、使われてないハズの見張り塔に、人影が見えた気がした。

Are110728045426a.jpg
見つけたぜ…よぉ、さっきスった金縁の眼鏡を返してもらおうか。
「わ!何よアンタびっくりするわね!いきなり人をスリだなんて、証拠でもあるの!?」
良い仕立ての服だな。けど、そこのボタンが取れてちゃあ台無しだ…これで直すかい?
「う…それはアタシの…分かったわよ。眼鏡は返すから、アンタもさっさと帰ってちょうだい」
お前一回天昌堂で会ったよな…?まぁそのよしみで、他の事は見逃してやるよ。

Are110728044633a.jpg
「おお!これはまさしく妻の…ありがとう、本当に助かったよ!」
亡き妻の形見を常に身に付け、仕事に励む。そんな良い男が、港にはいたんだな…。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。