ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

うたかたなる夢を見し者

『霊獣 ディアボロス』
虚ろなる闇に蝕まれた人間を住まわせるため、夢の世界デュナミスを作り出した。
避難場所、もしくは逃げる場所を設けることで人間を保護する意思を持っているようだ。
しかし、自らの行いによって起きた結果については無頓着で、やりっぱなしの面も見られる。

「もはヤ 人が 滅びニ 抗う術ハ 残されてハ いナイ…さァ 私の夢ヲ 受け入レル のダ」
夢とも現実ともつかない空間の中、ディアボロスとの戦いが始まる。

Are110930050805a.jpg
プリッシュと少年へ駆け寄ろうとしたオレ達の前へ、立ち塞がる様に巨大な影が現れる。
「夢の霊獣ディアボロス!?まさか、既にここは彼の夢の中なのでござるか!?」

Are110930051235a.jpg
「私は 夢を 司るモノ どんナ 夢モ 私の夢ト ナル さァ 夢の世界デ 静かニ 眠レ」
デーモンの様な体躯に、6枚の異形な翼…ディアボロスとの戦いは避けられなかった。

Are110930051430c.jpg
「いくラ 戦ってモ 無駄ダ これモマタ 夢のひとツニ 過ぎなイ」
何だ…これは…戦闘中であるにも関わらず、強烈な眠気に襲われる…マズイ…!
「そうはいかぬ!この刀『鳳凰丸』に宿るは、命の霊獣フェニックスの息吹!」
鳳凰丸を青眼に構えたテンゼンに、対峙するディアボロスの動きが止まった。
「なるホド フェニックスは いまダ 半身ヲ 失ってイルノカ だからコソ 無意味ナ ことヲ」

Are110930051336a.jpg
虚ろなる闇から逃れるには、夢の世界を受け入れるしかないと促すディアボロス、しかし…
「誰が夢の中で生きる道なんか選ぶか!あきらめさえしなきゃ、チャンスはあるんだ!」
プリッシュの力強い叫びが響く。同時に、周囲の風景が色を失い、急速に霞んでいく。
「なんだト? なゼ 夢ガ 覚めていク? 私の夢ガ この輝キハ クリスタルノ…!?」

「…殿!大丈夫でござるか?あの少年は…逃げられてしまったでござるな…」
気が付いたとき、その場にはオレとテンゼンだけが取り残されていた。夢…だったのか?
「わからぬ事だらけでござるな…あのおなごに会いに一度、ジュノへ戻るでござる」

Are110930052310j.jpg
「いや、そうじゃない。きっとミルドリオン様は、俺に託したんだ」「託した…何を…?」
モンブロー医院では、プリッシュとウルミアの声が響いていた。目が覚めたみたいだな。
「あなたとテンゼンさんのおかげで、プリッシュは意識を取り戻す事ができました」
プリッシュの夢と現実を繋いでいたのはディアボロス。テンゼン…何か知っているのか?
「ディアボロスは夢の霊獣、霊獣とは、大いなる力を持つ、生ける神々でござる」

Are110930052327a.jpg
テンゼンの話により、バハムートも霊獣と呼ばれる存在である事が分かる。となれば…
「タブナジアに帰ればきっと…」「何と!?そなた達はタブナジアの者でござるか?」
アルドにタブナジアへの渡航を依頼していたのはテンゼンだった。
バハムートに会うため、失われた侯国、タブナジアへの航路が再び拓かれる…。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

主様はとても謙虚なお方なのですね^^;
尊敬してしまうです^v^
絵ばっかりだとただの写真集ですし
かといって文章ばかりだと伝わりにくいですし
そこが難しいところですよね^^;
僕のブログは文章ばっかりだから
TWの情報がすごく伝わりにくいです・・・
みんなを見習って少しは写真入れた方が良いのでしょうけれども^^;

主様の詩も少し聞きたいなぁw
逃走中では『詠うガルカ』って有名なお方なのでwww

ワガママだって言うことは重々承知ですが・・・
でも聞きたい・・・・・

主様の薔薇のような美しさをこの目で見たいのですw

感想ありがとうございます^v^
とっても嬉しいです^^
そっ、そんなに美化してましたでしょうか!?

主様はとても優しくて素敵なお方なのになぁ・・・・

ルシック | URL | 2011/10/21 (Fri) 23:54 [編集]


俺は小説が書ける程自分に文才があるとは思ってないよw
むしろせっかく絵があるんだから、出来る限り文章は少なくしたいくらいだ…が、つい長文を書いちまって上手くいかない事の方が多いけどね。
詩は読んだ。俺は批評家じゃないし、それに自分の事を書いたと言われたら感想も非常に言い辛い…ので少しだけ、悪くなかったよ。ただ美化しすぎw

Loverock | URL | 2011/10/21 (Fri) 23:22 [編集]


主様のブログはまるで小説のようです^^;
見ていると感嘆させられてしまう・・・

最近主様に詩を書いてみました^^

僕のブログにペチャッって貼ってあるですb

上の詩は三回くらい書き直しましたけど^^;

下の詩は書いてみたら少しうまくいったかもですw

個人的に気に入っています^^

うーん・・・主様の意見は違うかもですけど^^;
気が向いたら見に来てくださいなv

ルシック | URL | 2011/10/20 (Thu) 23:05 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。