ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

向かい風

『ケルトト』
鼻の院在籍の研究員の一人で、普段は瞑想室で心の研究をしている。
仕事中は瞑想しているのだが、一見寝ているように見える。
子供の頃のあだなは「不思議少女」。好物は野兎のグリル。

鼻の院を訪れたウルミアだったが、そこには、居眠りをするタルタルが一人いるだけだった。

Are111214012553a.jpg
起こしてはまずいだろうか…迷いながらも、ウルミアはタルタルに声をかけた。
「ん~、むにゃむにゃ、すぴー…うわぁ!そんなとこにボケーッて立ってないでよ!」
「す、すいません。私、プリッシュという女の子を捜してて、ここにいると聞いたんですが…」
ウルミアの言葉に、タルタルは怪訝そうな表情を見せたが、すぐに合点した様に頷いた。
「ああーそういえばこの間、凍りついた前髪で釘が打てそうな女が運ばれて来たね」
プリッシュは北の地を調査していた鼻の院の研究者によって救助された、とタルタルは言う。
「その女だったら、ヨランオラン博士のところにいるはずだよ」
そう聞くやいなや、礼もそこそこに、ウルミアは、鼻の院を後にするのだった。

Are111214013044a.jpg
「…おお?これはまた、随分美しいお嬢さんではないか」
鼻の院前院長、ヨランオラン博士は、ウルミアを快く自宅へ迎え入れた。しかし、そこにプリッシュの姿は見当たらない。
プリッシュはどこに?ウルミアが尋ねようとした時、博士の家の扉が乱暴に開いた。
「ヨランオラン博士、アタシは罪狩りのミスラ、スカリーY、覚悟はいいわよね?」
罪狩りのミスラとは、掟に反したミスラを狩るために、ミスラ本国から派遣される。
ウルミアにもその程度の知識はある。しかし、何故その罪狩りがヨランオラン博士のところに来たのか、博士自身にも分からないようだった。
「隠してもムダよ、ヨランオラン博士、忌むべき石、魔晶石を渡してちょうだい」
武器を構え、詰め寄るスカリーYに対して、ヨランオランは怯えながらも知らないと主張する。
「やめて下さい!力ずくで事を成す事に、正義があるとお思いなのですか!?」
横暴さに耐えかね、ヨランオランを庇おうとしたウルミアに、スカリーYの持つ、漆黒の鎌が向けられた。
「ならアンタが忌むべき石を出す?言っとくけど、アタシ、血を流すのって好きなのよネ」
スカリーYの瞳が、嗜虐的な光を放つ。獲物を見つけた猛獣の様なその瞳は、ウルミアに、サンドリア港で出会ったミスラを思い出させた。
あの時のミスラも、似た様な瞳をしていた。おそらくは、彼女も罪狩りのミスラ。
だとすると、罪狩り達が探しているのは…?ウルミアが、一人の人物に思い当たった時、懐かしい、よく通るその声が、ヨランオラン邸に響いた。

Are111214014501a.jpg
「待ちな!ミスラのねーちゃん!魔晶石の真の持ち主は、この俺!プリッシュ様だぜ!」
蒼い髪をなびかせ、ヨランオラン邸の入り口に颯爽と立つ姿は、間違いなくプリッシュだった。
「ウルミア、もうだいじょぶだぜ!」「大丈夫って…バカっ!そんな事言ったらあなたが…」
楽観的なプリッシュを、ウルミアがたしなめる。あまりにいつも通りの光景だった。
感動の再会にはならずとも、ウルミアの心は、友の元気な姿を見た嬉しさで満たされていた。
「罪狩りのミスラと言えど、わたくしの目が黒いうちは、石の区で勝手はさせませんわよ」
そして、プリッシュに続いて現れたのは、ウィンダス…いや、現時点でヴァナ・ディール最強の魔道士、シャントット博士であった。
「おお!シャントット博士!」「厄介なのが来たわネエ」
流石の罪狩りも、最強の魔道士に斬りかかる事はしなかった。
スカリーYが武器を下ろしたのを確認し、シャントット博士が言う。
「プリッシュさん、ややこしくなる前に見せてさしあげなさい。魔晶石を手放せない理由を…」
有無を言わさぬシャントットの口調に、プリッシュは肩をすくめると、仕方なさそうに上着の前をはだけた。
その控えめな膨らみの間には、黒い石が埋め込まれ、鈍い輝きを放っていたのだった。


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

真面目にお答えします

このブログは、RPブログという形式をとっているため、現実世界の事は「あえて」語らないようにしています。
あなたと一緒にFF11をプレイしていれば、チャットの中で多少リアルの話をする機会もあるかもしれませんが、上記の理由により、コメントでお答えする事はできません。
もちろん、それは自分個人への縛りであり、好意でコメントして下さっている方にまで押し付けられるものではありませんが、このブログが、RPという、現実とは離れた部分での、いわゆる「ごっこ遊び」である事を理解したうえで、今後は見て頂ければと思います。
以前より、あなた様からは、現実世界の私に対する興味が感じられていたため、今回のみ、管理人として対応させて頂きました。気を悪くされたかもしれませんが、以上が私の正直な気持ちになります、では。

管理人 | URL | 2011/12/21 (Wed) 21:09 [編集]


主様お久しぶりです!ルシックです!

もうすぐクリスマスですね^^楽しみですね^^

僕はクリスマスは男友達と遊びに行く予定・・・

主様はどのようなクリスマスを過ごすのかな?

あと突然ですが一つ質問!
主様のお誕生日はいつですか?

いや、あっ・・・その・・・ちょっと気になったので・・・質問してみただけです・・・はい。

ちなみに僕は2月22日生まれのうお座のA型です。

そういえばケーコお姉さんも、うお座のA型だぁw(3月3日)

ケーコお姉さんとちょくちょくコメントし合ってて

僕とケーコお姉さん似てるなーwって思っている僕・・・

住んでいるところも近いから

いつか会いに行きたいなぁって思ってます^^

主様はどこの人でしょうか?

って質問しすぎーwwww

ルシック | URL | 2011/12/20 (Tue) 23:42 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。