ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古代の王宮

『虚ろの器』
フ・ゾイの王宮に存在する装置で、人の中の虚ろなる闇を吸収することができる。

ナグモラーダが求め、プリッシュが危険だと訴えるそれは、一体何なのだろうか…。

Are120223172147a.jpg
フ・ゾイの王宮最深部へ続くであろう中央の扉は閉ざされていた。
プリッシュと合流したオレ達は、ナグモラーダを追うため、王宮内部を探索する。

Are120223172516a.jpg
王宮内部は、奇妙な発光するモンスターで溢れかえっていた。
人型に羽が生えたモノ、宙に浮いた花のようなモノ、球状から、様々な変化をするモノ。
幸い単体での強さはそれ程でもなかったため、手分けして、一人づつで奥への道を探る。

Are120223172835a.jpg
プリッシュのアミュレットは、王宮の扉を開くカギにもなっていたらしい。
しかし、それをナグモラーダに奪われている状況では、他の開錠方法を探さなければ…。

Are120223173008a.jpg
他とは少し雰囲気の違う小さな部屋には、奇妙な紋様が描かれていた。
扉を開ける装置だろうか?紋様に手を触れると、黒い霧のようなモノがその場に発生した。
「防御扉 の 開放要請 を 確認 開放任務 を 行う」

Are120223173022a.jpg
こいつらは、確かアル・タユにもいた古代ジラート人の思念体か。
思念体は、人が歩く程の速度で空中を浮遊し、フラフラとドコかへ進んでいく。
扉を開けてくれるってんなら、モンスターを避けながらついてってみるか。

Are120223173056a.jpg
先程と同じ様な紋様が描かれた部屋、その台座の上で思念体は停止した。
「担当区域 の 防御扉 の 開放 を 確認 予備要員 に 最終開放 を 要請」
要するに、カギは外したから開けてこいってコトだろう。オレが予備要員になってやるさ。
ありがとよ。心の声で呼びかけても、返答はない。ただの残留思念でしかないんだろう。
肉体を無くした古代の民に見送られ、オレは扉を開け、奥へ進む。
その悲しい存在を、女神の下へ還してやらなきゃいけない、必ずな…。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。