ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魔晶石を奪え オズトロヤ

魔晶石を求めて、そしてフィックを追ってオズトロヤ城へ入った。
ヤグードの本拠地だけあっていたるところに奴らがいる、慎重に進もう。

Are100812214601a.jpg
レバーを引くと落とし穴が開いた!咄嗟に飛びのいてなきゃ落ちてたな…。
左右のレバー2択で、間違えば落ちるってワケか。単純だけど有効な罠かもしれない。

Are100812215142a.jpg
吹き抜けになっている場所があった。獣人にしてはセンスが良・・・
くないな決して。なんだあの中央の変なオブジェみたいのは?

しかしヤグードは大量にいるが、フィックの姿はない、どこまで行ったんだ。

Are100812215713a.jpg
かなり奥まで進んだ頃、前方に倒れている人影を見つけた、あれは…ゴブリン!?
「フィック……!?どうしたの!? だいじょうぶ!?」
アルドの妹!どうやってここまで来た?いやそれよりフィック…!
「う……!フェレーナ……姉ちゃん……」
同じ獣人のヤグードに襲われる事はないだろう、冒険者にやられたのか…。
もはや手当てのしようもなく、フィックは天に召された。誰も憎んじゃいけない、と言い残して。
彼はどこに召されたんだろう…アルタナ?それとも…。

ベドーで見た映像で、人間がクゥダフの住居を破壊していた…。
獣人との争いは当然の事だと思ってたが…オレは…どうすればいい?
このミッション、魔晶石を奪う事に意味はあるのか!?

獣人と心を通わせた娘は言う。大きな流れに気付けと。
そんなものがあるとしても、オレには今できる事をやるしかないんだ…。

Are100812215836a.jpg
迷いを振り切って奥へ進む。程なく前に見た様な場所に辿りついた。
頭の中に直接映像が流れ込んでくる、ここもか…。

「あと一息です。あと一息で、召喚魔法が完成するでしょう」
「間に合うでしょうか。前線は、タロンギ峡谷をくだり、サルタバルタへと至っております」

タルタル…ウィンダスか?これは大戦中…過去の記憶をオレは見ているのか?

Are100812215919a.jpg
魔晶石…もはや驚きはしない。さて、何を見せてくれるんだ?

「下がれ! 私はウィンダス口の院魔道院の院長アジドマルジドだ!」
「20年前……我らが敗退したあの夜に、おまえたちは取り返しのつかぬことをしたのだ」
「教えて……カラハバルハ……。……私を助けて」

……アジドマルジドって名前は聞いた事がある。今も現役で口の院院長のハズだ。
カラハバルハってのは誰だ?それにウィンダスがした取り返しのつかない事とは?

オレのやっている事は正しいんだろうか…分からなくなってきた。

 
 
 
 

 
 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。