ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

銀の噴水

『彫金』
主に貴金属・宝石を取り扱う合成であり、指輪やイヤリング、髪飾り等の作成も行う。
装飾品のみならず、装備品として、冒険者にも幅広く需要があるようだ。


Are100827113256a.jpg
バストゥークには彫金ギルドがあり、興味を持ったオレは時々顔を出すようになった。

中に入ると客はタルタルが一人、なにやら悲しそうな表情だが…。
まぁいいか、軽くカウンターで挨拶をし、右手側の職人部屋へ向かう。

Are100827113026a.jpg
今日は絶好調だぜ!どんどんウデが上がってる気がする!
ギルドで合成する時はここがオレの定位置だ。
成功率が上がる…かどうかは知らんが、少なくとも彼女をお茶に誘えた成功率は0%だな!

調子が良かったせいで、随分長くやっちまった。そろそろ帰るかな。
と、ギルドを出たところでさっきのタルタルが座り込んでいた。
こんなトコで何してんだ?販売の時間ならもう終わっちまったぜ。
「あ、すいません。欲しい物が売ってなかったので、どうしていいか分からなくて…」
わざわざバストゥークまでシルバーインゴットを買いに来たらしい。
ギルドは入荷がない時もあるからな、でもそれなら競売でも買えるんじゃないか?
「競売も今は在庫がないみたいなんです~」
そうか…わかった!ちょっとついてきてくれ。

Are100504002703a.jpg
この噴水に銀貨を4枚投げると銀の塊になる。時々黄金の塊になる事もあるらしいぜ。
「ホ、ホントですかー!」
ウソに決まってんだろ。
「な、なんだってー!!」
反応が面白いな、ただあんまりいじめるのもかわいそうだし、ちゃんと造ってやるか。

獣人銀貨4枚に炎のクリスタルをあて、インゴットをイメージする。
イメージは現実の形になって収束し、そして・・・できたぜ、持って行きなよ。
「ありがとうございます!助かりました!おいくらですか?」
金はいらないと言ったが、どうしてもお礼をしたいと言って聞かない。
そうだな…なら、今からちょっと修行に付き合ってくれよ。

Are100702000430a.jpg
適当に人を集め、ブブリム半島で訓練を行う。
彼女はタルタルの赤魔道士だった。何かオレが知り合う奴赤が多いな…。

Are100702234650a.jpg
最近はAFも揃ったらしく、記念にお祭り気分で戦ってみたり。

Are100811004133a.jpg
赤だけじゃなく詩人にも手を出してるみたいだ。また一緒に訓練しような!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。