ヴァナ・ディールの詩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鋼鉄の心

『南グスタベルグ』
セルビナのエロ町長から、まずはここの石碑に向かう様言われたが。
冒険者になったばかりの頃、ここではよく訓練したけど、石碑なんて見た事ないぜ…。

Are100905233738a.jpg
いつもどおり、見渡す限りの荒野だ。
まぁすぐ見えるトコにあるハズもない。ちょっと探してみっか。

Are100905234309a.jpg
こんな断崖絶壁に…見た事ないワケだぜ。
近くの灯台ももう使われてないみたいだし、わざわざ来る奴も少ないだろうなぁ。
どれどれ、何が書いてあるんだ?

Are100905234038a.jpg
これは…!グィンハム・アインアンハート…ガルカの様な名前だが、本名だろうか?
いやそんな事はどうでもいい、100年以上も前に、こんな冒険者がいたのか!
地図を作ったって話だけど、そうか…ここから旅立ったんだな。
バストゥークを一望できる丘。ここも昔はこんな断崖じゃなかったのかもしれない。

Are100905234005a.jpg
ん…待てよ、ひょっとしたらこの絵。
お世辞にも上手いとは言えないが、あの灯台と似ている気がする。
アイアンハート、確かにあんたはここにいたんだな…。

この石碑も数百年後には、波に削られてなくなってしまうかもしれない。
たが、今オレがこれを見た事に意味がある。彼と同じ、オレも冒険者なのだから。
彼が世界の形を知りたかった様に、オレも彼の旅の行方を知りたい。
石碑を巡ろう。文献じゃなく、実際に各地を回って彼と旅をしよう。今の時代の冒険者として。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。